施術に関する注意点

看護師

あご周りの違和感

施術後は、固い食べ物が食べづらかったり、話すときにあご周りの筋肉に違和感を覚えたりすることがあります。不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、時間が経ち、ボトックスの成分が身体に馴染むにつれ、その違和感もなくなるのでご安心ください。あまりにも違和感のある状態が長く続くようでしたら、すぐに担当の医師に診てもらいましょう。また、固いものを食べすぎると、せっかくボトックス効果で抑えた咬筋がまた発達しやすくなるので、食べ過ぎには注意してください。日頃の食事を意識するだけでも、ボトックス効果の維持に繋がります。

控えてほしいこと

女性の方は、日常的にセルフマッサージをしている方も多いかと思います。しかし、ボトックス注射の施術を受けた後からおよそ1週間は、フェイスマッサージを控えるようにしてください。軽めのマッサージなら問題ありませんが、ボトックス効果に影響がないか心配な方は、マッサージ自体を控えておくと良いでしょう。他の美容整形の場合、入浴や洗顔に関しても制限がかかることがありますが、ボトックス注射の場合は当日から可能です。特に女性が気になるメイクについても制限がないため、術後すぐにメイクをしてから帰宅することもできます。運動も当日から通常通りできるので、行動の制限はほとんどありません。ボトックス注射の施術は、身体への負担が少ないだけでなく、行動の制限によるストレスがないという点も人気の理由の一つです。

施術が受けられない場合も

ボトックス注射の施術は、誰でも受けられるわけではありません。妊娠中の方や授乳中の方は施術を受けられないので、ご注意ください。また、妊娠する可能性のある方も施術を受けるためには条件がありますので、医師に確認しておくと良いでしょう。
ボトックス注射は、エラが張っている方には効果がありますが、骨格が原因で顔が大きく見える場合、ボトックス効果を得るのは難しいと言えます。その場合は、医師からメスを使用した美容整形を勧められることがあります。まずは、カウンセリング時に顔が大きく見える原因を探ってもらい、自分に適した施術を選ぶようにしましょう。美容クリニックのカウンセリングは、基本的に無料のところがほとんどです。気軽に相談できる機会でもあるので、悩みを抱えている方は、積極的に利用してみてください。顔が大きく見える原因を自己判断するのではなく、実際にカウンセリングを受けて、専門の医師に原因や施術法を相談することがベストです。

Copyright© 2019 ボトックス効果で理想の小顔に変身!【高い安全性が魅力の美容整形】 All Rights Reserved.